人事×労務ご相談|労使トラブル・労働諸法令に基づく労務相談は福岡の豊永経営労務事務所へ

業務案内

  • 人事×労務  ご相談
  • 法令遵守でサポート
  • 手続き代行

人事×労務  ご相談

私たちは“人事×労務”のスペシャリストです。

労働諸法令に基づく労務相談

  • 就業規則・賃金規程
  • 育児・介護休業規程
  • 労働安全衛生規程・退職金規程等の作成と運用指導
  • 労働時間・休日・休暇・人事制度
  • 労使トラブル診断・個別労働紛争のあっせん代理
  • 法定備付帳簿の整備などの相談、指導

職場を円滑な状態に保つために、これまでは事業主側には「悪いようにはしない」、従業員側には「悪いようにはされないだろう」という暗黙のルールがありました。

しかしながら先にも述べましたが、昨今は勤務形態や勤務環境が多様化しており、アイコンタクトだけでは避けられないトラブルが発生しています。
それを防ぐためにも、明確な「労働条件の整備」と「労使双方の合意」は最低限必要です。労使双方の明確なルールの基盤となるのが、労働基準法ならびに労働契約法となります。

当事務所では、“知らなかったでは済まされない”ルールを共有し、サポートしていきます。

ねんきん関連

  • 在職老齢年金における併給調整試算など

“ねんきん”制度は複雑で制度の変遷もめまぐるしいため、把握すること自体が困難です。
さらに個人レベルで考えると、一生のうちに一度しか関わらないケースも生じます。

そんな“ねんきん”業務だからこそ、自社ないし自分だけで解決するよりも専門家にアドバイスを受けてはいかがでしょうか。
ひと昔前と比べると支給額も減額されてはおりますが、現役引退後(障害により働けなくなった、大黒柱が亡くなり生活の糧を失った等も含め)の生活の基盤となることには変わりありません。

一方で、少子化が進む中、高齢者活用はこれからの企業経営に不可欠です。しかし、会社からの給与額によってはねんきんを全額受け取れないケースもあります。当事務所では、どうしたら給与とねんきんが最適な方法で受け取れるかをシミュレーションで提示します。

中小企業退職金共済制度

御社では、従業員の退職金をどのように準備していますか?

退職金制度を設けることは有能な従業員の流出防止にもつながります。「退職金制度を作るのは大変だ」「退職の都度考えるから問題ないよ」とお考えの方は一度ご検討ください。

中小企業退職金制度は国の制度ですので、掛金の助成や税法上の優遇措置などが設けられています。複雑な手続きもありませんし、退職者が出るたびに頭を悩ませることからも解放されます。

労災上積保険

労働災害(仕事中や通勤途中のけがや疾病)に伴う補償は、労働者災害補償保険法にもとづき行われますが、昨今はそれ以外に事業主に上積み補償を求めてくるケースも少なくありません。

労災上積保険は、それらのリスクに備える保険です。
掛金は全額損金で計上できますし、労災保険の特別加入者(事業主等)も加入できます。

また、建設業の方にとっては、公共工事入札のための経営事項審査において加点の対象になるほか、下請工事に対しても特約でカバーできるなど、メリットも少なくありません。

  • 業務案内
  • 労働諸法令に基づく労務相談
  • ねんきん関連
  • 就業規則作成・変更
  • 給与計算
  • 社会保険(健康保険・厚生年金保険)
  • 労働保険(労災保険・雇用保険)
  • 労災保険の特別加入
  • スタッフ紹介
  • 事務所概要
  • 新着情報
  • お問い合わせ
  • ホーム
福岡県福岡市西区に事務所を構える豊永経営労務事務所は、ご依頼者様からの人事や労務、年金(ねんきん)や各種保険に関するご相談にお応えしてまいりました。また、煩雑で面倒な手続きを代行することで、ご依頼者様の手間を軽減。本来、労災保険に入れない経営者やその家族、また一人親方と呼ばれる方の労災保険加入もサポート。職場環境の整備にお困りなら、当事務所までご相談ください。